AppleWatch

Apple Watchは右手と左手、どちらの腕に着けると使いやすいのか【メリットをそれぞれ紹介】

Apple watchは右腕と左腕どちらに着けるのが使いやすい?【僕は左腕派です】

どうも!当ブログを運営している大学生ライターのこーすけ(@Koo_sk_blog)です!

 

Apple Watchを買うと、たぶんこのように迷うことはないでしょうか?

「どちらの腕につけるべきなの……?」
「右手の方が良いって聞くけど、実際どっちの腕の方が使いやすいの?

 

Apple Payなど時計以外の機能が豊富なApple Watch
時計以外の機能が多いからこそ、右手に着けるという選択肢も出てきますよね。

 

でも、僕はApple Watchは左手派です。

 

今回の記事では、

「Apple watchは右手と左手どちらに着けるのが使いやすい?」

という僕の問題から、使ってみた感想とともに紹介していきます。

前提として、なぜApple Watchを右手に着けるの?

【前提】なんでApple Watchを右腕に着けるの?

Apple Watchを持つと必ずといっていいほど、右手派と左手派にわかれます。

 

たしかにメリットも多いApple Watchの右手着用。

 

Apple Watchを右手に着けるのが流行った理由は、Apple Payの電子マネー機能としてSuicaが使えるから。

Suicaの改札は右側なので、右手にApple Watchを付けたほうが圧倒的に使いやすいです。

とはいえ、同じ電子マネーだとしたら、コンビニの電子マネー読み取り機は左側にありますよね。

右腕にApple Watchがあると、Suicaをタッチしやすい?

やはり、駅の改札をタッチするなら右手の方が楽かもしれません。

 

なぜなら、改札は基本的には右側についていますよね。
ということは、Apple Watchが左手に着いていると腕がクロスしてタッチしづらい です。

 

ただ、Apple Watchを右手に着けていても、Suicaのタッチがしづらい人もいますよ……。

 

僕ですね。

 

改札って実は位置がけっこう低いんです。

 

僕は180センチ弱の身長ということもあり、Apple Watchを右腕につけてSuicaにタッチしようとすると高さが合いません。

なので、改札を通るたびに不自然に腕を下ろす必要があります。

 

これはスマートとは……、言えない……。

 

あまりスマートに利用できないSuicaのためだけに、Apple Watchを右手に着けるのは、「僕はどうかな?」って感じです……。

 

なので、Apple WatchでSuicaは使わずに、iPhoneで使うようにしても良いかもしれません。

コンビニなどの電子マネーは左側だけど、、、

コンビニの電子マネー読み取り機はレジの左側なので、Apple Watchは左手に着ける方がどちらかというと使いやすいです。

 

ですが実際のところ、この問題に関しては、どちらの腕でも良いというのが正直なところ。

Apple Payが登場する機会はなにかと増えるので、Apple Watchは左手に着ける方が若干使いやすいくらいですかね……。


そもそも時計なのに、Apple Watchを右手に着ける?

Apple Watchはそもそも時計なのに右腕に着ける?

Apple Watchには先ほど挙げた「Suicaなどの電子マネー」の他にも「バイタル検知」や「通知機能」などさまざまな機能がありますよね。

 

たしかに、機能は豊富ですが、そもそもの疑問として、腕時計を右手につけることに違和感はないでしょうか?

 

ちなみに、僕が「Apple Watchを着けるのは左手派」なのにはこれらの理由からです。

  • 「右手に時計がある」という違和感
  • 左手でApple Watchを操作しづらい

 

「右手に時計がある」という違和感

今までの人生で腕時計は左腕だったので、Apple Watch右腕に着けるとなんともいえない違和感があります。

 

僕もなのですが、Apple Watchを持つ前まで腕時計を左腕につけていた人にとっては、

「腕時間で時間を確認する=左腕を見る」

というのが当たり前というか、身体に染み付いていないですか?

 

なので、Apple Watchを右手に着けていると、時間を確認するときに癖で何も着けていない左腕を思わず見てしまいがち。

 

そして、右手に重みを余計に感じるでしょう。

ペンをよく持ったりと、作業は主に右手でするという方にとっては少しの重みでも違和感があっておかしくないです。

 

左手だとApple Watchは操作しづらい

Apple Watchだと画面操作することがありますよね。

当然ですが、指先が相当器用な人でないかぎり、利き手(右手)で操作した方が楽です。

 

右腕につけると操作するのは、左手(逆手)
手先が器用じゃない人にとって、この逆手操作はちょっとストレスになるかもしれないです。

 

一方で、Apple Watchを左腕に着けていると、画面の操作するのは右手(利き手)ですので、細かい操作も不自由なくできます。

「細かい操作をしないし、手先も器用だから、Apple Watchを右手に着けて画面操作を左手でも余裕だよ」という人には要らない心配ですかね。。。



【まとめ】Apple Watchの使い方から「左手、右手」を考えよう

【まとめ】Apple Watchの使い方から「左腕、右腕」を考えよう

僕個人の意見だと、

「Apple Watchでどういう使い方をするか?」

によって、Apple Watchをどちらの腕につけるかが180°くらい変わります。

 

これまでのことをまとめると

仕事もあり、電車利用が多いので、Suicaをよく使う→Suicaの利用頻度が高いため右腕

タスク管理やバイタル系のアプリと普通に時計として使用→違和感のない左腕

 

Apple Watchを着けるなら、僕は左手かな

結局AppleWatchをつけるならどちら腕のほうが使いやすいのでしょうか。

僕の結論としては右手ですかね。

 

理由としてはこの二点です。

  • Suica利用は今までどおりiPhoneでいい
  • 左腕のほうが腕時計として違和感がない

 

ただ、人それぞれ使用感は違うので、まずは1週間くらい両腕を試してみてからどちらの腕にApple Watchを着けるのかを決めるという感じでいいのではないでしょうか?

半年間Apple Watchを使ってみて感じた良いところと悪いところを記事でまとめているので、あわせてどうぞ!

参考記事:【2019年版】Apple Watchのレビュー|半年使って感じた良いところ、悪いところ【オススメ】

【レビュー】半年使って感じたApple Watch4の良いところと悪いところ
【2019年版】Apple Watchのレビュー|半年使って感じた良いところ、悪いところ【オススメ】どうも!当ブログを運営している大学生ライターのこーすけ(@Koo_sk_blog)です! 「Apple Watchの購...

 

本日は以上です、ありがとうございました。
Twitterのフォローもお待ちしておりますね。
Twitter:@Koo_sk_blog