大学生

【実体験】大学生が辛いテスト期間を乗り越えるための勉強方法【大学はチーム戦だよね】

【実体験】大学生が辛いテスト期間を乗り越えるための勉強方法【大学はチーム戦だよね】

どうもこんにちは。このブログを運営している大学生ライターのこーすけ(@Koo_sk_blog)です。

 

ところで、大学生、テスト嫌すぎませんか?

 

うちの大学は半期制のため、毎回夏と冬のテストがあります。

頭の出来は人並なので、嫌なテストに毎回もだえまくっていますが、なんとかテストを受けた科目はすべて単位は取得できています。。。

ちなみに僕は現在、都内の大学の法学部に通っており、毎回のテストは論述問題ばかり。

 

なるべく、「 効率的にテスト乗り切って単位を取得したい 」ですよね。

 

そんなあなたに、向けて!!!今回紹介する勉強ステップで、友だちとチームを組みつつ、対策すれば、大学のテストは乗り切れます!!!!!

 

今まで大学でテストを受けた科目の単位はすべて取得している僕が、今回の記事では、以下の2つをお伝えしていきます!

この記事で伝えること
  • 大学生が辛いテスト期間を乗り越えるための勉強方法
  • 大学のテストはチーム戦だという話

それでは1つずつみていきましょ〜!!

【大学生】辛いテスト期間を乗り越えるための勉強ステップ

【大学生】辛いテスト期間を乗り越えるための勉強ステップ

僕が通っている大学の学部では、期末テストの問題は論述ばかりです。

なので、この勉強ステップは論述系の問題を解くために、僕が行った勉強方法だということを先にお伝えしておきます。

まあ、選択系や暗記系の問題はとにかく覚えて詰め込めば済む話なので、割愛ですね。

ここにボックスタイトルを入力
  1. 完全暗記よりも理解をしておく
  2. とにかく過去問を解きまくる
  3. 重要そうな単語から暗記を始める

ではそれぞれ見ていきましょ〜!

ステップ①:完全暗記よりも理解をしておく

まずは最初のステップは「 完全に暗記するのではなく、しっかりと理解する 」ということ。

 

その科目、テスト範囲の内容をしっかりと自分が理解しないと、2000字ほどの論述問題を書くのはかなり難しいはず。

というか、 理解せず覚えた単語を並べて論述問題を解くとたぶん、ひどい文章になる でしょう。

書けば単位くれる先生とかなら良いけど、内容を見られると普通に落とされそう。

なので、最初はゴリゴリ単語を暗記をするのではなく、 流れや仕組み、単語の意味などを 理解 をしておきましょう。

 

ぬるいテストなら、実際これだけで論述問題はある程度書けますよ!!

ステップ②:とにかく過去問を解きまくる

続いてのステップは「 とにかく過去問を解きまくる 」ということ。

2番目のステップは単語暗記と思われるかもしれませんが、単語暗記の前に過去問を解くのには理由があります。

 

それは、 テストに出そうな単語を絞ることができる から。

 

最初のステップでテスト内容は理解できているので、その状態で過去問を解くと「 どのような単語が必要で、どの単語が要らない 」がわかるはずです。

早くから暗記のステップに入ってしまうと、必要ない箇所まで暗記してしまうので、非効率的ですよね。

 

複数のテスト対策をしなければいけないテスト期間は、ただでさえ時間が足りない ですよね。

効率的にテスト対策の勉強はしていきましょう!

ステップ③:重要そうな単語から暗記を始める

最後のステップとして「 単語の暗記 」です。

ここで大事なのが、「 重要そうな単語から暗記 」するということ。

 

ステップ2の段階で過去問、類似問題を解いているので、たぶん、 どのような単語が重要かということはだいたいわかる はず。

というか、解いてたり、理解していたりする過程で、重要な単語はすでに頭に入っていると思います。

あとは、テストまでの残りの時間でひたすら暗記して詰め込めば、テストなんて余裕です。

単語を暗記した段階でもう一度過去問を解いてみるのも良いですね!

授業にすべて出て、ノートをとればテストは余裕

これは、当然なのですが、ちゃんと すべての授業に出席して、ノートをしっかり取っていれば大学のテスト勉強はけっこうイージー です。

 

この記事を読んでくださる方の多くは、もしかしたら、ノートを取らずテスト期間に焦って勉強始める人が多いかもですよね。(僕もそうです。。。)

いたって普通のことですが、 授業に出席して聞いていれば、内容理解はできているし、単語もいくつか覚えている はず。

 

なので、キツいテスト期間を乗り越えることができたなら、次からはノートをしっかりと取りましょうね。。。(自戒)



大学のテストは、正直チーム戦だと思う

大学のテストは、正直チーム戦だと思う

先ほどは、「 大学生が辛いテスト期間を乗り越えるための勉強ステップ 」をご紹介しましたが、、、

 

正直、テスト対策なんて何も、すべて1人やるべきことではありません。

大学のテストはチーム戦 です。

 

というか、1人でテストに取り組むよりもチーム組むとハードルが一気に下がります。

では、大学のテストがチーム戦であるという2つの理由を紹介していきます。

大学のテストがチーム戦である理由
  • 大学のテストは情報が命だから
  • 過去問やノートは友だちと共有できるから

では、それぞれ説明していきます〜!

大学のテストは情報が命だから

大学のテストは、情報が何よりも重要 です。

過去問しかり、授業中の教授の発言然り

 

友だちと一緒に受けることで、テストの重要な教授の発言の聞き逃しも減りますし、過去問も多方面から入手可能です!

このような、テストに関わる重要な情報すべてを自分1人で入手することは少し難しい ですよね。

 

過去問やノートは友だちと共有できるから

自分が取ったノートやサークルや知り合いの先輩からもらった過去問などを友だちと共有する

 

自分だけのノートだと物足りないかもですし、自分が手に入れられなかった過去問を友だちが持っている かもしれませんよね。

僕もけっこう友だちに頼って期末テストや課題を乗り越えて来ました。おともだちマジ大事。。。



【まとめ】大学のテストは効率よく、チームで乗り切ろう

【まとめ】大学のテストは効率よく、チームで乗り切ろう

いかがだったでしょうか。

僕は、恥ずかしながらも 勉強に対する意識が高くないし頭も良くない ので、このように 工夫して毎回テストを乗り切っています 

 

授業を全部出ているわけでも無いですし、ノートをすべてしっかりととっているわけでもないです。

なので、気づくこととして、やっぱり情報を共有し合える 友だちは大事 ですね。

中学、高校よりもテストを乗り越えるための協力が活きてくる気がします。。。

 

最後に、辛い大学のテスト勉強を乗り切るステップをおさらいします。

ここにボックスタイトルを入力
  1. 完全暗記よりも理解をしておく
  2. とにかく過去問を解きまくる
  3. 重要そうな単語から暗記を始める

 

本日は以上です、ありがとうございました。
Twitterのフォローもお待ちしておりますね!
Twitter:@Koo_sk_blog

あわせて読みたい