MacBook

MacBookにモニターを接続して2画面化してみました。効率は向上し、姿勢も良くなった

MacBookにモニターを接続して2画面化してみました。効率も向上し、姿勢も良くなった

どうも!当ブログを運営している大学生ライターのこーすけ(@Koo_sk_blog)です!

 

「デスクトップは欲しいけど、ノートパソコンを日常的に使うしな〜〜〜」

外部モニターを購入し、家ではMacBookをデスクトップのように使用し、MacBookとモニターの2画面を楽しみながら作業しています。

ところで、MacBookをデスクトップ化するメリットって何?って感じなんですけど

  • モニターとMacBookの2画面になる
  • 外では普通にノートPCとして使える

てな感じですよね。

 

外に持ち出して使うこともあれば、家でガッツリ作業することもある、僕のMacBookの使い方。

家で’の作業を効率化するために、先日外部モニターを購入しました。あと、YouTubeとAmazonプライムを大画面で見るため。

 

この記事では、「モニター導入にいたった課題感」「使ってみてわかった、2画面のメリットについて、書いていきます。

1画面じゃ足りないッ!23.8インチモニターをMacBookに接続し、2画面を実現

1画面じゃ足りないッ!23.8インチモニターをMacBookに接続し、2画面を実現

さてさて、MacBookにモニターを接続し、自宅のスクでは2画面を実現したわけです。しかしですよ、「いや、要らなくね?」と思いませんか?

正直、今書いているこのブログ執筆は1画面で余裕。ただ、マルチタスクが必要なタスクって、どうしてもありますよねえ。

1画面じゃ物足りないケースもしばしばあった

やっぱりですよ、やっぱり。どうしても、1画面だと物足りないケースってあるんですよね。

  • messengerやSlackを見ながら、資料を作りたい
  • Finderを開きながら、作業したい

MacBookの1画面でできないことはないですが……、1画面だと、狭い。

 

「もっと広く使いたいし、もっと広く使えば、業務効率化できるのでは……!」と思ってしまうのです。

23.8インチ型のモニターを購入。実際、何でも良いかな……

作業領域を広げるために、LGの23.8インチのモニターを購入。

29インチの横長ディスプレイと迷ったのですが、机の広さ的に限界があったの断念……。

ちなみに、LGを選んだ理由は、

  • 購入時にかなり値下がりしていたから
  • モニターアームを設置できるから

なので、Acerでも、ASUSでも、BenQでも、お好みのものを選べばいいかなと思います。

ディスプレイの配置は縦置きに

画像のとおり、ディスプレイの配置は縦置きです。

上にディスプレイ、下にMacBook。

主に作業するのは、上の大きいディスプレイ。

では、下のMacBookでの使用用途はというと、

  • メールやメッセージ
  • FinderやGoogleドライブ
  • 上の作業で必要なリサーチ

などなど……、サブ活用としています。

高さが足りない……。ディスプレイスタンドは必須

「ディスプレイは縦置きがいいよ!」と言っても、普通に高さが足りません。

縦置きするためには、モニターアームや、ディスプレイスタンドは必須です。

 

どちらでもいいけど、オススメは、ディスプレイスタンドかな〜と思います。

たしかに、モニターアームには、位置や角度などを、自由に決められるメリットがあるのですが……、少しごちゃごちゃするような。

しかしスタンドだと、高さの調節ができつつ、デスクがスッキリとします。

 

完全、人の好みっすね。一応、モニターアームも貼っておきます↓

その他必要なコードなど

ディスプレイを購入すると、HDMIケーブルが付属しているのですが、それだけだとMacBookに接続はできません。

なので、必要なものは

  • HDMI→typeC変換ハブ
  • 高機能の→typeC変換ハブ
  • HDMI→typeC変換のケーブル

このどれか。

SDカードやUSB-Aなど、多方面での使用を考慮して、高機能のハブを購入するのもアリ。

高機能ハブは必要ないなと感じる人は、このような変換ハブか、

 

いっそ、HDMI→typeCの変換ケーブルですね。(僕はこっち)

実際にデュアルディスプレイを使用してみて、効率も上がり、姿勢も良くなり

実際にデュアルディスプレイを使用してみて、効率も上がり、姿勢も良くなり

実際に、MacBookにディスプレイを接続してみての使用感について、書いておきます。

やはり、2画面の操作性は素晴らしい

2画面いいっすね〜〜〜!

まず、大画面での作業が楽すぎる……。そして、マルチタスクが捗る……。

集中力下がるマルチタスクは、オススメしない派もいると思いますが、作業の種類によりますよね。

  • 急なメッセージ対応しなければいけないとき
  • Finderを常に開いておきたいとき
  • プログラムの動作確認をしたいとき
  • YouTube見ながら作業したいとき

2画面の恩恵は大きすぎです。

1画面で行っていた、タブ変えたり、アプリを変えたりの動作が、2画面でサクサクできるようになりました。

まじで、画面を移動するだけ……!

縦画面の作業効率が神すぎて困る

ちなみに、ディスプレイを90°回転させ縦向きもオススメ。

縦向きディスプレイが活かせるような人はというと、例えば、

  • プログラマ
  • ライター
  • ブロガー

などなど……。

縦に長く使いたい人にとって、最高だと思います。

スクロールする手間を省くこの使い方もできるので、2画面は本当に神すぎて困る……。

なんなら、姿勢も良くなった

これは副次的効果なんですが、画面の高さが上がることで、姿勢も良くなったんですよね。

ノートパソコンだと、どうしても姿勢が悪くなってしまう……。

今までは、姿勢改善のためPCスタンド設置など様々なことを試しました。

ただ、やはり、目線まで上げられる縦置きの2画面ディスプレイは最強。

参考記事:ノートパソコンスタンドって必要?|肩こりを軽減して、作業の生産性を向上しよう

ノートパソコン作業による肩こりはPCスタンドで改善!
ノートパソコンスタンドって必要?|肩こりを軽減して、作業の生産性を向上しようどうも!当ブログを運営している大学生ライターのこーすけ(@Koo_sk_blog)です! 「ああ、毎日ノートパソコンで...

【まとめ】在宅ワーカー、モニターいれて、2画面で作業してみよ(快適すぎて悶絶)

ガッツリ在宅で仕事や作業をする人には、ディスプレイは必須ですね。

かくいう僕も、家で作業するときがあるのですが、2画面になってから作業効率がグッと引き上がりました。

 

接続周り含めても、1万5000円〜2万5000円ほどで収まります。

設備投資として作業部屋に導入してみてはいかがでしょうか?

 

本日は以上です、ありがとうございました。
Twitterのフォローもお待ちしておりますね!
Twitter:@Koo_sk_blog