iPad

iPadを、Macのサブディスプレイに。新MacOS Catalinaで追加されたsidecarをレポート

iPadを、Macのサブディスプレイに。新MacOS「Catalina」で追加された「sidecar」が素晴らしいのでレポート

どうも、当ブログを運営しているこーすけ(@Koo_sk_blog)です。

 

私、常日頃からiPadを愛用しております。

この度リリースされた新MacOS「Catalina」とiPadOS13。これらOSアップデートにより、iPadに追加された新機能が「sidecar」です。

この新機能「sidecar」をざっくり説明すると、

「無線で、遅延なく、iPadをMacのサブディスプレイとして使用できる」

家、オフィスのデスク、共にMacBookを外部モニターに繋いで作業しているんですよね。

なので、iPadが持ち運びサブディスプレイになる恩恵を、私、かなり感じています。

参考記事:MacBookにモニターを接続して2画面化してみました。効率は向上し、姿勢も良くなった

MacBookにモニターを接続して2画面化してみました。効率も向上し、姿勢も良くなった
MacBookにモニターを接続して2画面化してみました。効率は向上し、姿勢も良くなったどうも!当ブログを運営している大学生ライターのこーすけ(@Koo_sk_blog)です! 「デスクトップは欲しいけど、...

では、「sidecar」リリース以前の課題感から、実際の使用感など含めて、本記事に記していきます。

iPadのサブディスプレイ化。今まで、できてはいた

iPadのサブディスプレイ化。今まで、できないことはなかった

「iPadをサブディスプレイに!」が、新MacOS 「Catalina」の登場により、ようやく実現したか、といえば、そうではないんですね。

サードパーティ製のアプリや、無線機があったことはありました。

有名どころでいうと、

  • duet
  • Luna display

Luna displayは使ったことないので、なんともですが、duetに関していえば、遅延が、レイテンシーが、しゅごかった。

カクカクした操作感なんですよ、MacBookと有線接続なのに。

作業効率を上げるため、サブディスプレイとしてiPadを使ってるのに、むしろストレスが溜まるという。

ずっと、こう思っていました。

「公式からリリースされれば、互換性も良いだろうし、iPadの持ち運びサブディスプレイが実用的になるんだろうな」

と。

なので、2019年6月、Appleが公式にサブディスプレイ機能の「sidecar」をプレスリリースしたときは鳥肌でした。



サードパーティではなく、Appleだから出せる低レイテンシーと機能性

さて、ここからは実用面についてのお話としていきます。

まず驚いたことは、ワイヤレス接続なのに低レイテンシーを実現しているということ。

あとは、互換性良い機能が地味についてるって感じ。

ワイヤレス接続でヌルヌル動く

有線じゃないのに、ワイヤレス接続なのに、ヌルヌルなんですよ。

我が家の大きなディスプレイでの操作感とまるで違わない。

Lightroomもヌルヌル。

他Adobeアプリはあんまり使わないので割愛です。

※ちょっとAdobeが新MacOSにうまく対応してないみたい……

Adobe頻繁に使う人は要注意ですね

参考記事≫https://t.co/LVbtTxUvTa?amp=1

サードパーティアプリでの、大きな課題感が払拭されたというか、この使用感、まじで。

「この機能性、使用感だけでも1万円くらい価値あるわ……」と思っていたわけですが、無料……、恐ろしい。

サイドバーと、タッチバー

「sidecar」は、上述した「低レイテンシーの実現」のみで、十分なんですよ。望んでいたことはもう叶いました。

と、感動していたわけですが、地味にMacと互換性ある機能も備えているようで。

上から、

  • Dockの表示選択
  • Commandキー
  • Optionキー
  • Controlキー
  • Shiftキー
  • 前へ戻る
  • キーボード入力
  • 接続解除

特に何に使うと言われれば、わからないけど、あって損はないんじゃん?知らんけど。

もちろん、Apple Pencilも

「sidecar」時にApple Pencil機能しなくなったら減点ポイントですが……、

まあ、使えました。そりゃ当然、Appleの製品だものね。

タッチペンというか、カーソルとして使用できるみたい。

「ペンタブにもできたらアツいよな」と、ちょっと期待しておきます。たぶん、実現しそうだけど。



ストレスレスなsidecarの接続方法を画像と共に説明

「sidecar」の接続方法、設定方法を説明しておきます。超シンプル。

  • iPadを開く
  • 「sidecar」接続をする
  • ディスプレイの位置を決める

まずiPadを開きます。開いていないと、接続できないみたい。

続いて、Macの画面から右上の「sidecar」のアイコンをクリック。

接続完了。

お好みで画面の位置を決めてみて。

接続もこの通り簡単。AirPodsやApple Pencilなど、Apple製品の互換性が優れていますね。

接続もシンプルでスピーディ。



2画面も、ミラーリングも。ちょっと小さいディスプレイだけど

sidecarの機能として、

  • 独立したサブディスプレイ
  • MacBookのディスプレイをミラーリング
  • iPadの画面をMacBookへミラーリング

と、3つの活用ができるようです。

「iPadの画面をMacBookへミラーリング」って必要なん?っていうのは置いておいて。

ミラーリングにより、何が実現するかというと、

資料の説明のとき、iPadを渡すだけで説明できますね。パソコンを覗き込まずにできちゃいます。

まあ、あんまり必要ないか、普通に1つの画面を覗けばいいか。

「sidecar」の不満

「sidecar」の不満はないけど、強いて言うなら、画面が小さい。

現行MacBookの画面は12〜15インチほどで、それに比べるとiPadの画面の大きさには、物足りない感もあります。

そもそも、タブレットの大きさが10インチって当たり前っちゃ当たり前ですけど。

Finder用とか、メッセージ確認用とか、使用用途を”サブ”にすれば問題解決ですね。



今アップデートで、iPadは”ただ”のタブレットから、万能サブ機へ

今回の、iPadOS13、MacOS「Catalina」のリリースにより実現したiPadのサブディスプレイ実用

これまでiPadは、ただのタブレットから、さまざまな進化を遂げてきました。

  • Apple Pencilの登場によって、ノートテイクを実現
  • iPadOSの登場によって、さらにPCライクな使用感を実現

パソコン代わりにも、ノート代わりにも使えたiPadは「sidecar」機能により持ち運びサブディスプレイの実用化も実現したようで。

 

万能すぎる。

 

これまでは、中途半端なデバイスという立ち位置だったiPad。

今アップデートにより、中途半端から万能にポジションチェンジしたように思います。

本日は以上です、ありがとうございました。
Twitterのフォローもお待ちしておりますね!
Twitter:@Koo_sk_blog